家屋の解体はどれくらい日数かかるの?気になる費用は?

実家終い
スポンサーリンク


こんにちは。
目下、老活中のダマです。
老後の『快適おばあちゃん』目指して、生活を整えています。


実家終いも、同時進行中であります。
実家の解体がいよいよ始まりました。


実家の空き家、いつまで放置すればいいのやら。
売るのか、解体するのか。
どうしようか悩んでいる人、多いと思います。


費用はどれくらいなんだろう?
不用品を片付けるの大変だよね?
不安ばかりがつのります。


ぶっちゃけ、家の解体ってどうよ?
作業工程は依頼する解体屋さんにもよります。
そこで我が家の解体の、着手~解体完了までを画像で追いかけました。

スポンサーリンク

解体までに個人で行うこと


解体するはいいけど、人生でそう何度も経験することじゃないから、知らない事ばかりでした。
まず最低限、解体前にした事を挙げています。


・家の中の不用品の片付け(解体業者に依頼してもOK)
・電気メーターの撤去
・水道栓を閉めている場合は使える様手配(解体工事では水が必要になります)
・ご近所さんへのごあいさつ(重機や車両の停めるスペースの確保)

解体申請の書類などは、解体業者さんに全てお任せでした。


電気メーターは、家の中の物が片付けれたら寸前でなくてもOK。
我が家の場合、新しいエアコンを1台だけ再利用することになった為、外す前に電源を入れる必要があったので、ギリギリのタイミングになりました。
電気メーター外しは電話で連絡するだけなので、立ち会いも必要ありません。
連絡したら、翌日には撤去されていました。

家屋の解体にかかった日数

実家の屋敷の概要
築年数→不明(3度の部分リフォーム有)
木造2階建て。
敷地面積47坪。
施工から解体完了まで、計14日かかりました。
平均的な、解体日数は2週間程度と言われています。


施工初日:
・窓外し
・屋内の残った不用品(不燃物)の撤去
・温水器撤去

2日目:
・一部窓枠、内壁の撤去
・備え付けの流し台扉など撤去
・畳の撤去

3日目:
・残った内壁の撤去
・2階部分は仕切りがなくなり、フロア全体が見渡せる

4日目:
・2階部分屋根瓦撤去

5日目:

・1部床板撤去
5日目辺りから地面が見えるようになり、2階との境が骨組みだけになりました。

6日目:
・2階の部分の屋根撤去

7日目:
・内壁が更に撤去
1階も各部屋との仕切りがなくなり見渡せる様になりました。

8日目:
・2階部分、壁2方向を残して全て撤去
・1階部分の壁2面が全て撤去
手前の壁と柱骨組みを残し、ガランとしたところまで進みました。

9日目:
・2階全撤去
・1階、道路に面した外壁と浴室周辺を残すのみ。

10日目:
・左上部に写るトイレ・浴室の柱と、基礎コンクリートを残し、9割方解体済み
一気に進んだように見えます。


11日目:
・基礎のみ残す状態
更地まであともう一歩・・というこの日、事件が起こりました。


我々も子供の頃の出来事なので、すっかり頭から消えていたのですが、解体業者から
「基礎の下から、また基礎が出きた!」と連絡を受けたのです。
ああああ、そうでした。
今から遡ること40年前のことです。
2度目のリフォームの際に、道路より1メートルほど低い土地に建っていた屋敷を底上げしたのでした。
なんだかんだ、おおがかりな工事だったとは思いますが、子供だったので正直あまり記憶がありません。
そうだ、忘れていました。


12日目:
基礎の下から基礎・・問題が発覚し、整地はどこまで掘り下げるのやらと心配しました。
ところが、
・家の再建には向かない土地
・更に掘り起こす事により不具合が生じる
などの理由から、古い基礎は残し整地する事になりました。
土地は借地の為、大家さんとの合意のもとです。
ホッ。

13日目:
パッと見、昨日と変わらない様子です。
しかし、地面のデコボコがなだらかになり、整地が進んで終わりが見えてきました。
写真には写っていませんが、水道栓周りを掘り起こし最後の調整といった作業の様でした。

14日目:
全ての作業が終わりました。
隣との境界線は、段差ができない様になだらかに傾斜して整えてありました。
業社さんの当初の予定通り、のべ2週間で解体終了です。
感無量(´;ω;`)ウゥゥ

かかった費用はどれくらい?


一部、解体しきれなかった大型の家具の残りは、解体業者さんに処分を依頼しました。
今回の解体費の中に含んだ金額になりました。
割引等もありましたが、平均的な新車の軽乗用車が1台買える金額でした。
(私1人の実家では無いため、リアルな金額の公表は控えさせていただきますが)
業者・家屋の大きさ・解体内容・素材・立地の条件条件により、費用は変わります。
相場で150万円前後と言われていますので、相場の範囲で終える事ができたと解釈しています。


とは言え、決して安い工事費ではありません。
実家は、知り合いの伝手で業者を決めましたが、
「どこに頼めばいいかわからない」
「費用はどれくらいかかるか心配」
と、二の足を踏んでいる人も多いはず。


そんな時は、こんな便利なサービスを利用してみるのはどうでしょう?
24時間・無料見積もり。
坪18,000円~という目安もあるのでざっと計算することもできますよ。
先送りにしても、ただ費用かさむだけです。
実行するなら、1歳でも若い時の方が片付けの負担も軽いですよ(しみじみ実感)



解体を終えて


さて、実家解体という大きなプロジェクトが完結しました。
解体自体は、始まると我々がすることはほとんどない訳なので、見守る感じでしょうか。
言うまでもなく最大のヤマ場は、解体前の不用品の片付けでした。

個人業者に頼んだので、TVで見る解体シーンの様な
『重機でいきなりガラガラガッシャーン』みたいなことは少なかったです。
壁・天井・瓦なんかも、1枚1枚丁寧に剥がしていく・イメージでした。
なので、解体を目の当たりにして泣くということもなかったですね。


あとは、墓じまいのみ。
ようやく自分の時間がたっぷりとれそうです。

ポジ子
ポジ子

ダマさん!
よく頑張った。

ネガ代
ネガ代

これで、ひと段落だね。
お疲れさん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました