洗濯物が乾かない。100均ポンチョで室内干しも解決、雨に負けるな

箸休め
スポンサーリンク
スポンサーリンク

洗濯物が乾かない梅雨の室内干し


梅雨明けまだかしらー。
髪の毛がまとまらないのと、洗濯物が乾かないのが梅雨の最大の悩みです。


先日引っ越しをしました。
おかげさまで、以前の実家暮らしに比べると陽当りも良く、晴れの日は昼前にはおおよそ乾き、家事ラクにもなりました。


ですが、こうも雨が続くと、うっとおしいばかりです。
生乾きの臭いも気になります。
1日中干しても乾かないので、どんどん増えて洗濯物が室内を埋め尽くします。
風通しが良くなるよう、隙間を空けて干したり工夫もしていますが、なかなか。
ストレスも溜まるし、何か良い方法はないものでしょうか。


浴室乾燥機はついてない、古いアパート。
乾燥機も持っていません。
かろうじて洗濯機に『風乾燥機能』というのが付いています。
ざっと風を当てることで、大まかな水分を飛ばす機能になります。
その後の、干し時間を短縮できるメリットがあります。
ただ・・この機能やたら時間はかかるし、めったに使いません。


コインランドリーに持ち込めばカラリと乾きますが、一人暮らしの洗濯物は少量で、持って行くのも面倒くさいです。
しかも、梅雨時はランドリーも混んでいますので、足が遠のきます。
大量の洗濯物を持って順番待ちしている人を横目に、ちんまり乾燥機を使うのも気が引けます。
雨の日は、お家に居たいーー(基本ナマケモノでしたー)


部屋を閉め切り、エアコンのドライをかけてみるのも手ですが、寒くなったりして、乾ききるまで我慢できずに切ってしまう事も。
扇風機や、サーキュレーターを洗濯物に当てるのは、定番中の定番です。


1枚1枚アイロンをかけて乾かす方法も、時々やってます。
ですが、パンツ1枚にまでアイロンかけてる自分の姿を客観視すると・・。
何だかアホくさくなります。

布団乾燥機で衣類乾燥カバーを使う案


何を試しても、なーんかイマイチなんですねぇ(;^ω^)
かと言って、乾燥機買っちゃう様な贅沢もできません。


なんかいい方法ないかい?
お、でた。
『買う前に、あるもので何とかしよう・・』の、節約脳。
老後に向けて、節約脳をはぐくみ中なのであります。

100均のポンチョで代用する


そう思いながらうーんうーん考えていると、、100均で買ったポンチョがあったのを思い出しました。
緊急避難カバンの中に入れておくために、買い置きしておいたものです。


いつぞやネットで見かけた、布団乾燥機を使って乾かす、市販の洗濯衣類乾燥カバーに見えなくもない。
フォルムも似てる・・
イケんじゃね?


そんなに高いものじゃないし、買やぁ良いんです。
でも、年に数回しか使わないとしたら、購入するほどでもないのでは?
そんな風に考え、まずは手作りでシュミレーションすることにしました。
使う頻度が高いと判断したら、買いです。

用意するもの


・布団乾燥機
・高さ調整用の椅子などの台
・100均大人用ポンチョ
・洗濯バサミ(数個)or場合によってはガムテープ
・洗濯ピンチに挟んだ洗濯物

乾かし方法


①洗濯物を挟んだピンチハンガーに、上からポンチョを被せます。

②フード部分をくるっと結び、温風が上から漏れないようにします。

③袖、身衣の横を洗濯ピンチで留め、温風の漏れを防ぎます。

④裾部分をふんわり縛り、椅子などで高さ調整し布団乾燥器を置きます。
下から布団乾燥機のホースを差し込み、スイッチON。

乾かし方のコツ


※どうしても洗濯ピンチだけでは留めても空気が漏れてしまいます。
対策として、ポンチョ用に別にもう1枚買ってしまいましょう。
もう1枚を、乾燥専用にしてしまう事で、心置きなくガムテープで塞げます。


※我が家の乾燥機は古く、ホースもふにゃふにゃしています。
その為、上を向けていても目を離すとクタンと外れてしまいます。
上に向けて紐やピンチでホースを固定すれば、お悩みは解決です。


※洗濯物の素材や量にもよりますが、1時間ほどの稼働してカラリと乾きました。
しかし、初めからこの方法で乾かすと、案外時間がかかります。
ある程度室内干しをして、半乾きの状態で乾燥機にかけると早く乾きます。
仕上げ乾かしに使うと、効率もよく電気代も気にしなくて


※ポンチョはそもそもひらひらしていますので、塞ぐ部分が多くなってしまいます。
ぴっちり塞ぐのも面倒ですし、見た目も不細工になります。
どうしたって、貧乏くさい光景になっちゃいます。
やだのー。


そんな時、たまたま実家で、ジャンボサイズのビニール袋を発見しました。
現在は、この巨大ビニール袋で代用シュミレーション中。
サイドを留める手間もなく、重宝しています。
ポンチョに比べると1周りほど小さくなりますが、充分代用可能です。
破れるまで、使い倒そうと思います。
貧乏臭さは大差ないですが、ご愛嬌。

さいごに


実家にあった年代物の布団乾燥機ですが、充分役に立ちました。
立派なもんじゃないですか。
薄目で見たら、衣類乾燥カバーそのものです。
※薄目で見るのが大事です。


正直、一人暮らしだと布団乾燥機を持ってないよ、という人も多いはずです。
また、たくさん一度に乾かせないので家族向きではない方法です。
ですが、ファミリーでも、靴下の先とか、パーカーのフードとか、乾きにくい物の仕上げに試してみると良いかもです。


他の乾かし方と比べて、どのくらい節約になるかは定かではありません。
少なくともコインランドリーの場合は、1時間300円くらい~(容量によりけり)かかりますので、ボンビー独女には大助かりです。
老後資金を確保する為には、このくらいの節約を楽しむ心も大切だと考えます。


うっとおしい梅雨ですが、梅雨明けまでもう少しです。
洗濯物が乾かない問題を解決して、カラッと元気に過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました